うるのんの解約金払ってもOK!コスパ最強のウォーターサーバー3選

うるのんの解約金払ってでも1年以内に元が取れるコスパ最強のウォーターサーバー3選

 

 

  • ボトル交換の不満
  • ボトルの注文や受け取り
  • ボトルの保管スペースの問題
  • 利用料金が思ったより高い

 

 

このような不満を抱えたことがきっかけで、うるのんを解約して他社ウォーターサーバーに乗り換えることを検討していますか?

 

 

 

もしそうだとしたら、絶対に確認しておくべきことがあります。

 

 

 

何も知らずに、他社のウォーターサーバーに乗り換えて後悔しないためにも、今すぐご確認ください!

 

 

 

下記の【この記事のポイント】をタップして頂くことでお好きなところから読み進めることができます。効率よく必要な情報を確認するためにも、ぜひご活用ください♪

 

 

うるのんの不満はボトルがあることが原因!他社ウォーターサーバーに乗り換えるときにはボトルなしウォーターサーバーがお勧め

 

  • ボトル交換の不満
  •  

  • ボトルの注文や受け取り
  •  

  • ボトルの保管スペースの問題
  •  

  • 利用料金が思ったより高い
  •  

 

 

 

 

うるのんを利用するときに感じていた上記の不満って、そもそもボトルを利用していることが原因です。

 

 

 

なので、もし、あなたが乗り換えを検討しているウォーターサーバーが、うるのんと同じようにボトルを利用するウォーターサーバーだと、いずれはうるのんと同じように不満に感じる可能性は否定できません。

 

 

 

逆に、ボトルを利用しなくても使うことができるウォーターサーバーだと、交換の必要も、注文や受け取り、保管スペースに対する不満はなくなりますよね。

 

 

 

どうせ乗り換えるなら、そう言った不満のないボトルなしのウォーターサーバーで、水道直結式のウォーターサーバーを選択肢の1つとして見てみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

うるのんの不満を解決できる水道直結式ウォーターサーバー

 

 

ボトルを利用しないウォーターサーバーで、最もお勧めは水道直結式ウォーターサーバーです。

 

 

 

ボトルを利用するウォーターサーバーとの違いは、水道とウォーターサーバーを繋げて利用する点です。

 

 

 

水道水を利用するので、ボトルの交換も注文、受け取りの必要もありません。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーは、毎月定額のサーバーレンタル料金と、利用したお水の水道料金、電気代のみので利用することができます。

 

 

 

毎月定額のサーバーレンタル料金ですが、毎月2980円〜9000円で利用できます。

 

 

 

うるのんなら、スタイリッシュサーバーとスタンダードサーバーはレンタル料金は無料です。

省エネタイプのGrandeだと、サーバーレンタル料は1か月あたり324円です。


 

 

水道直結式ウォーターサーバーのお水代

 

水道直結ウォーターサーバーのお水が使い放題とはいえ、利用した分だけ水道料金がかかってしまいます。

 

 

 

とは言え、東京都の水道代でも1リットルあたり約0.2円ですので、たくさんお水を利用したからと言って料金面でし敗するほどのことはありません。

 

 

 

1日3.2 L、 1ヶ月で96 L 使ったとしても、お水代は約19.2円です。

 

 

 

たとえ、1日10L、1ヶ月で300L水を使ったとしても、1ヶ月の水道代は60円です。

 

 

 

1日あたり、朝・昼・晩・入浴後のコップ4杯。家族4人で利用した場合の1ヶ月の水の使用量が96Lです。

 

 

うるのんなら1本12Lで8本分です。1本2050円なので、16400円もかかります。

 

ちなみに、うるのんで1ヶ月に300リットルの水を使った場合、51250円もの水代がかかります(汗)


 

 

水道直結式ウォーターサーバーの電気代

 

水道直結型ウォーターサーバーの電気代は、1か月あたり約300円〜800円です。

 

 

 

省エネタイプのGrandeだと、390円から570円。スタンダードサーバーの場合だと1000円前後です。

 

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーのデメリットは3つ

 

  1. 天然水を飲めない
  2.  

  3. 初期工事が必要
  4.  

  5. 設置場所が限られる
  6.  

 

 

 

ここまでの話だと、水道直結式ウォーターサーバーにはメリットばかりしかないような印象を受けるかもしれません。

 

 

 

とはいえ。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーにも上記のようなデメリットがあります。

 

 

 

しっかりと、デメリットを確認しててください。

 

 

 

デメリット1:天然水を飲めない

 

水道直結式ウォーターサーバーでは天然水飲むことができません。

 

 

 

なぜなら、水道直結式ウォーターサーバーの水は水道水をサーバーでろ過したものを利用するからです。

 

 

 

水道水をろ過したお水なのに美味しいの?

 

 

 

という声が聞こえてきそうですが、想像以上に美味しいと感じるに間違いありません!

 

 

 

ただ、味にはそれぞれ好みがあります。

 

 

 

なので、もし、水道直結式ウォーターサーバーで浄水した水の味が気になるようでしたら、無料でお試しを利用してみましょう!

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーでは、1週間無料でお試しすることができるメーカーもあるのでそちらを利用してみるのも一つの手ですね♪

 

 

 

デメリット2:初期工事が必要

 

水道直結式ウォーターサーバーを利用するには、利用開始する前にウォーターサーバーと水道をつなげる工事が必要です。

 

 

 

工事の時間は概ね40分から1時間程度で終了する簡単な工事です。

 

 

 

工事って聞くと、大掛かりな工事を想像するかもしれませんが、分岐水栓を取り付ける工事ですので、壁に穴を開けたりするような工事ではありません。

 

 

 

なので、賃貸住宅にも取り付けることは可能です。

 

 

 

デメリット3:設置場所が限られる

 

 

水道直結式ウォーターサーバーは、水道とつなげて利用する必要があるので水道からあまりにも離れた場所に設置することができません。

 

 

 

離れた場所に設置できないとは言え、水栓から10mくらい離れた場所でも設置することは可能です。

 

 

 

10mって言うと、ダブルスのテニスコートの横幅の長さが10.97mですので、水仙からかなり離れた場所に設置できるということですね。

 

 

水道直結式ウォーターサーバーを選ぶときのポイント

 

大きなポイントは5つ

 

  1. 契約期間は何年なの?
  2.  

  3. 初期設置費用はいくらかかるの?
  4.  

  5. 月々のレンタル料金はいくらかかるの?
  6.  

  7. 無料でお試しできるの?
  8.  

  9. 目的に応じて選べる機種は多数用意されているの?
  10.  

 

詳しく解説していきます。

 

 

ポイント1:契約期間は何年なの?

 

契約期間が3年と長いメーカーが多い。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーのメーカーのほとんどは3年と契約期間が長いメーカーが多いです。

 

 

 

赤ちゃんの育児中、ミルクを作る間だけ利用したいという方や、長期の利用を考えていない方には注意が必要です。

 

 

 

ポイント2:初期設置費用はいくらかかるの?

 

初期費用は1万円以上かかるメーカーもある。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーは、初回利用時には水栓とウォーターサーバーをつなげる工事が必要です。

 

 

 

メーカーによって異なりますが、水道直結ウォーターサーバーの初期設定費用として1万円以上かかるメーカーがあります。

 

 

 

逆に、メーカーによっては初期設置費用が無料で設置できる水道直結式のウォーターサーバーメーカーもあります。

 

ポイント3:月々のレンタル料金はいくらかかるの?

 

月々のレンタル料金は、メーカーによって大きく異なる。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーの中でも最安値の、ピュレストというメーカーだと月々のレンタル料金は2980円で利用することができます。

 

 

 

その一方で、クールクーの中でも水素水を作ることができる水道直結式ウォーターサーバーの機種では、月々のレンタル料金は9000円となります。

 

 

 

メーカーによって、様々な目的に応じた水道直結式ウォーターサーバーが用意されていて、それぞれ料金が異なりますのでしっかりと確認をしましょう。

 

 

 

また、水道直結式ウォーターサーバーの月々のレンタル料金に含まれるアフターサービスもメーカーによって全く異なりますのでその点についても確認を行いましょう!

 

 

 

ポイント4:無料でお試しできるの?

 

水道直結式ウォーターサーバーでは一週間の無料お試しができるメーカーもある。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーのメーカーによって異なりますが、多くのメーカーの契約期間は3年と長期間になっています。

 

 

 

契約期間が長いので、一度契約してしまうと、契約後に思っていたのと違うと感じても、解約金を支払って解約するか、契約期間の間使い続けなければなりません。

 

 

 

このため、メーカーによっては水道直結式ウォーターサーバーを一週間無料でお試しできるサービスがあります。

 

 

 

一週間無料でお試しすることによって、無責任な口コミや評判に惑わされることなくあなた自身で試すことができるので、契約を検討しているなら是非利用してみましょう。

 

 

 

 

ポイント5:目的に応じて選べる機種は多数用意されているの?

 

水道直結式ウォーターサーバーには、大きく分けて

 

  1. 水道水をミネラルを含んだまま、極限まで不純物を取り除いた水を利用できる機種
  2.  

  3. 水に含まれるあらゆる不純物を取り除いた純水を利用できる機種
  4.  

 

の2種類のフィルターが搭載された機種があります。

 

 

 

それ以外にも、ウォーターサーバーで浄水した水で水素水作ることができる水道直結式のウォーターサーバーもあります。

 

 

 

ウォーターサーバーのタイプも、

  • スタンドタイプ
  • 卓上タイプ
  • 好きなカラーが選べる
  • サーバー本体の自動クリーン機能が搭載

されているなど、様々な機種がメーカーごとに用意されています。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーを選ぶポイントまとめ

 

 

水道直結式ウォーターサーバーの選ぶポイントをまとめてみましょう。

 

 

 

契約期間は何年なの?

 

短期間のみ使いたい人には向いていないメーカーがあるから。

 

初期設置費用はいくらかかるの?

 

初期設置費用が無料のメーカーとそうでないメーカーがあるから。

 

月々のレンタル料金はいくらかかるの?

 

利用目的に応じてそれぞれの機種で料金が異なるし、月々のレンタル料金に含まれるアフターサービスの質も違うから。

 

無料でお試しできるの?

 

無料でお試しできるサービスを利用することで、契約後に思っていたのと違うというのを防ぐことができる。

 

目的に応じて選べる機種は多数用意されているの?

 

選べる機種が少ないメーカーと、目的別に多くの機種を用意しているメーカーがあるから。

 

という点です。

 

 

 

どういった目的で、あなたが水道直結式ウォーターサーバーを利用したいのかということをしっかりと意識して、上記のポイントに沿って選ぶと間違いはないでしょう。

 

 

 

後は値段相応って感じですね。

 

 

 

以下に上記のポイントを満たしたおすすめの水道直結式ウォーターサーバーをランキング形式で載せておきますのでチェックしてみてください。

 

 

 

【決定】うるのんから乗り換えにお勧めな水道直結式ウォーターサーバーランキング

 

ウォータースタンド

 

お勧め度:

 

 

契約期間 1年
初期設置費用 無料
月々のレンタル料金

3980円〜
※温水・冷水機能のあるサーバー

無料でお試しサービスの有無 1週間無料お試しあり
目的に応じて選べる機種 10機種

 

【おすすめポイント】

 

全てのポイントをバランスよく兼ね備えた水道直結式ウォーターサーバーです。

 

 

 

また、ウォータースタンドでは、他社ウォーターサーバーからの乗り換えに伴って発生する違約金をキャッシュバックしてくれるキャンペーンも実施中なのは見逃せないポイントです。

 

 

 

乗り換えキャンペーンは、水道直結式ウォーターサーバーメーカーの中ではウォータースタンドしか行われていません。

 

 

 

ウォータースタンドには無料お試しがあります。

 

 

 

迷ったら、とりあえず無料お試しを申し込んでから契約を検討されてみるといいでしょう。

 

 

 

ウォータースタンドの公式サイトをチェックしてみる

 

ウォータースタンドについて詳しく解説したサイトはこちら

 

 

 

ピュレスト

 

お勧め度:

 

契約期間 3年
初期設置費用 10000円
月々のレンタル料金 2980円〜
無料でお試しサービスの有無 無料お試しサービスあり
目的に応じて選べる機種 5機種

 

【おすすめポイント】

 

水道直結ウォーターサーバーの中で月額のレンタル料金が安いです。

 

 

  • ミネラルタイプが2980円。
  • 純水タイプが3980円。

 

と、料金体系も非常にシンプルです。

 

 

 

ただ、他の水道直結ウォーターサーバーとは違い、有人メンテナンスがありません。

 

 

 

フィルターの交換は自分で行うようになるというデメリットがある点は注意が必要です。

 

 

 

※フィルターの交換は、子供でもできるほど簡単です。

 

 

 

無料お試し期間もあり!

 

 

 

 

ピュレストの公式サイトを見てみる

 

クールクー

 

お勧め度:

 

契約期間 3年
初期設置費用 4200円〜
月々のレンタル料金 4200円〜
無料でお試しサービスの有無 無料お試しサービスなし
目的に応じて選べる機種 5機種

 

【おすすめポイント】

 

水道直結式ウォーターサーバーで、水素水を生成できるのはこちらのメーカーだけです。

 

 

 

クールクーの水素水コースはオフィスやサロンクリニックなどで大人気!

 

 

 

もちろん自宅でも利用できますし、自宅で利用すれば水素風呂なんていうことも可能!
※水素風呂の実現はかなり大変ですが、できないこともないでしょう(^.^)

 

 

 

現実的には飲み水としての利用も、洗顔の時に使用する水としても利用できるのはありがたいことですね!

 

 

水素水コース以外にも、UF濾過コース、RO水コースがあります。

 

 

クールクーの公式サイトはこちら

 

 

 

 

迷ったらコレ!ウォータースタンドがお勧めな3つの理由

  1. ウォータースタンドだけが乗り換えキャンペーンを実施中
  2. サービスの充実度が半端ない!
  3. 選べる機種が豊富!

 

 

ウォータースタンドは、水道直結ウォーターサーバーへの乗り換えで最もおすすめなのはウォータースタンドです。

 

 

 

早速詳しくみていきましょう!

 

 

 

理由1:ウォータースタンドだけが乗り換えキャンペーンを実施中

 

 

水道直結式ウォーターサーバーの中でも、ウォータースタンドだけが乗り換えキャンペーンを実施中です。

 

 

 

ウォータースタンドの乗り換えキャンペーンでは、他社のボトルウォーターサーバーを解約するときに発生する費用を、最大で1万円分のポイントをプレゼントしてもらうことができます。

 

 

 

乗り換えキャンペーンで付与されるポイントは、月々のウォータースタンドのレンタル料金にあてることができます。

 

 

 

2019年6月30日までの期間限定のサービスとなっています!


 

 

 

理由2:サービスの充実度が半端ない!

 

  • 初期設置費用
  •  

  • フィルター交換年2回
  •  

  • 定期メンテナンス・清掃
  •  

  • 通常使用による故障修理対応サービス
  •  

  • 経年劣化による本体交換
  •  

 

 

 

ウォータースタンドでは、水道直結式ウォーターサーバーの中でも唯一、初期設置費用が無料となっています。

 

 

 

それ以外にも、上記5つのサービスを全て無料で受けることができる、大変充実したサポートが魅力的です!

 

 

 

 

理由3:選べる機種が豊富!

 

ウォータースタンドは水道直結式ウォーターサーバーの中でも、選べる機種の数が最も多いメーカーです。

 

 

 

それぞれの利用目的やシーンに応じて、様々な機種が用意されています。

 

 

 

また、設置前には、希望に応じて担当のスタッフによる設置場所や設置に関する無料訪問診断を受けることができるので、どのサーバーにしようか迷った方にも安心です!

 

 

 

 

【コスパ最強!】ウォータースタンドはうるのんの解約金を支払って乗り換えたしてもお得に利用できる

 

●ウォーターサーバーの水を1ヶ月に48リットル利用した場合の料金の比較

 

 

通常プラン うるうるプラン ナノラピアネオ
サーバーレンタル料金 324円 324円 4298円
電気代 390円 390円 700円

水代
(48L利用の場合)

9100円 7800円 9.6円
1本(12L) 2050円 1本(12L) 1950円

約0.2円/L
※東京都の水道代の場合

1箱(2本・24L) 4050円 1箱(2本・24L) 3900円
1ヶ月の総額 9724円 8514円 5008円(5007.6円)

 

 

 

 

●1ヶ月ウォーターサーバーの水を24リットル利用する想定で、うるのんとうるのんを解約してナノラピアネオを利用した場合の料金の比較

 

 

通常プラン うるうるプラン ナノラピアネオ

ナノラピアネオ

解約金

1ヶ月目 9724円 8514円 5008円 うるうるプランの場合 21208円
通常プランの場合 15808円
2ヶ月目 19448円 17028円 10016円 うるうるプランの場合 26216円
通常プランの場合 20816円
3ヶ月目 29172円 25542円 15024円 うるうるプランの場合 31224円
通常プランの場合 25824円
4ヶ月目 38836円 34056円 20032円 うるうるプランの場合 36232円
通常プランの場合 30832円
5ヶ月目 48620円 42570円 25040円 うるうるプランの場合 41240円
通常プランの場合 35840円
6ヶ月目 58344円 51084円 30048円 うるうるプランの場合 46248円
通常プランの場合 40848円
7ヶ月目 68068円 59598円 35056円 うるうるプランの場合 51526円
通常プランの場合 45856円
8ヶ月目 77792円 68112円 40064円 うるうるプランの場合 56264円
通常プランの場合 50864円
9ヶ月目 87516円 76626円 45072円 うるうるプランの場合 61272円
通常プランの場合 55872円
10ヶ月目 97240円 85140円 50800円 うるうるプランの場合 66280円
通常プランの場合 60880円
11ヶ月目 10964円 93654円 55808円 うるうるプランの場合 71288円
通常プランの場合 65888円
1年(12ヶ月目) 116688円 102168円 60096円 うるうるプランの場合 76296円
通常プランの場合 70896円

 

 

いかがでしょうか?

 

 

ウォータースタンドを利用した時に発生する1ヶ月の総額費用に、うるのんの解約金を合計したとしても、上記の表の通り

 

  • 通常プランの場合4ヶ月目
  • うるうるプランの場合5ヶ月目

 

には元をとることができています。

 

 

 

1ヶ月に48リットルも水を利用するものなの?

 

このような声も聞こえてきそうですが、1ヶ月に48リットルの水の消費量というのは、1日あたりコップ約8配分の水の量になります。

 

 

 

なので、1日に利用する水の量は

 

  • 2人家族なら、一人当たりコップ4杯
  •  

  • 3人家族なら、一人当たりコップ2から3杯
  •  

  • 4人家族なら、一人当たりコップに2杯
  •  

 

飲めば一か月に48リットルの水を利用することになります。

 

 

 

私は、健康のために1日のうち、起床後・朝・昼・晩・入浴後の5杯の水を飲むようにしているので、1ヶ月48 L ぐらいなら一人で利用してしまいそうね。

 

 

 

まとめ

 

うるのん解約するときのポイントをまとめましょう。

 

クーリングオフは利用できませんか?

 

クーリングオフを利用して解約できるならクーリングオフを利用して解約しましょう。

 

解約金が必要な場合がある

 

契約期間内の解約には解約金が必要になってくるので注意が必要です。

 

解約金以外の料金が必要になる場合もある

 

乗り換えキャンペーンを利用して、うるのんを契約した場合、契約期間内の解約は解約金の他に乗り換えキャンペーンでキャッシュバックしてもらった料金を支払う必要があります

 

他社に乗り換えを考えている方は注意が必要

 

乗り換えを検討している場合、売るのんに対する不満はボトルがあることが原因ではありませんか?

 

 

 

もし、ボトルが原因で乗り換えを検討しているなら、乗り換え先のウォーターサーバーが宅配型ウォーターサーバーの場合は注意が必要です。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーの利用も候補の一つに入れた方がいいでしょう。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーの選び方

 

水道直結式ウォーターサーバーにも様々なメーカーがあります。

 

 

 

デメリット踏まえた上でそれぞれのメーカーの特徴を見て、あなたにぴったりのウォーターサーバーを見つけましょう。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーの選び方のポイントは、

 

  1. 契約期間は何年なの?
  2.  

  3. 初期設置費用はいくらかかるの?
  4.  

  5. 月々のレンタル料金はいくらかかるの?
  6.  

  7. 無料でお試しできるの?
  8.  

  9. 目的に応じて選べる機種は多数用意されているの?
  10.  

 

でしたね。

 

 

その中でもお勧めは、

  1. ウォータースタンドだけが乗り換えキャンペーンを実施中
  2.  

  3. サービスの充実度が半端ない!
  4.  

  5. 選べる機種が豊富!
  6.  

の3つからウォータースタンドでした。

 

 

 

解約についてもいろんな注意点がありますし、乗り換えのときにも注意があります。

 

 

 

ぜひ、後悔のない選択をしてください!

 


page top