うるのんの解約方法まとめ。コレ知らずに解約すると後悔するかも!?

うるのんの解約方法まとめ。解約前に知っておくべき注意ポイント

うるのん解約は、簡単です。

 

 

 

とは言え。解約手続きに入る前に知っておいた方が良い、解約時に注意すべきポイントがあります。

 

 

 

そこで今回は

 

  1. うるのんの解約方法
  2.  

  3. コレを知らずに解約すると後悔する可能性があるというポイント
  4.  

 

についてご紹介していきます。

 

 

 

下記の【この記事のポイント】をタップして頂くことでお好きなところから読み進めることができます。

 

効率よく必要な情報を確認するためにも、ぜひご活用ください♪

 

 

 

うるのんの解約方法

 

【アクアお客様センター】

 

電話番号:0120−737−113
営業時間:9:00〜18:00(年中無休)

 

 

うるのんの解約は、、解約を予定している1ヶ月前までにうるのんアクアお客様センターに電話で解約の申し込みをする必要があります。

 

 

 

契約期間から一定帰化に上経過していないと解約金を支払って解約しなければいけないので注意が必要です。

 

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

 

 

うるのんに解約の連絡後の注意点

 

 

 

 

  1. 自宅にある水を飲みきる
  2. サーバーの水抜き

 

 

うるのんの解約の連絡をした後は、上記2つのポイントに注意が必要です。

 

 

@自宅にある水を飲みきる

 

解約の連絡をした後に、まず一番先に考えておくべきことは、自宅にある水の在庫を飲みきることです。

 

 

 

うるのんのボトルは、持ち上げらてコップに注ぐことができる重さではありません。

 

 

 

なので、サーバーがない状態で、うるのんの水ボトルだけが残っていてとしても利用方法に困ることになります。

 

 

うるのんの水ボトルを余らせないためにも、解約後サーバーを引き取ってもらうまでの間に、自宅の水の在庫と、1日あたりに利用するうるのんの水の量を計算して、場合によっては定期配送のスキップ制度などを利用しましょう。

 

 

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

 

Aうるのんのサーバー内に残った水を水抜きする

 

うるのんを移動する際などには本体の中に残っている冷水や温水を抜いていないと、水が溢れて水漏れしてしまう可能性があります。

 

 

 

業者がサーバーの回収に来る前に、サーバー本体の中に残った水を抜いておきましょう。

 

 

 

サーバーの水抜きは、サーバーの電源を抜いて2時間以上たってからでないと水抜きができません。

 

 

なので、業者が回収に来る3時間前に電源を抜いて水抜きしておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

うるのんの解約金

 

利用中のプラン 1年目 2年目 3年目 4年目
通常プラン 10800円 無料
うるうるプラン 16200円 無料

 

 

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

 

うるのんを解約して後悔する人の共通パターン

 

  1. クーリングオフを利用しなかった
  2.  

  3. 乗り換えキャンペーンを適用できなかった
  4.  

  5. 解約金以外に料金を請求された
  6.  

  7. 乗り換えたウォーターサーバーも、うるのんと同じように不満に感じてしまう
  8.  

 

うるのんを解約して後悔する人の共通パターンとしては、上記の4つ。

 

 

 

うるのんを解約した後に、

 

  • やっぱり解約するんじゃなかった
  • 解約の手続きをする前にこれさえ知っていれば

 

後悔しないためにも、詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

 

後悔するケース@:クーリングオフを利用してうるのんを解約しなかった

 

 

クーリングオフを利用して解約をすれば、契約期間内の解約によって発生する解約金を支払う必要ありません。

 

 

 

ただし、どんな場合でもクーリングオフが利用できるという場合ではありません。

 

 

 

クーリングオフが利用できるのは、大型ショッピングモールなどの販売ブースで契約した場合などの場合適用できると言う、一定の条件があります。

 

 

 

それに、クーリングオフが利用できるとしても手続きできる期間は以上に短期間です。

 

 

 

契約後8日以内に手続きを行わなければいけません。

 

 

 

クーリングオフができるのに、解約金を支払って解約してしまったと後悔しないためにも、まずは消費者センターに電話でクーリングオフできるかどうか確認するといいでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

 

 

後悔するケースA:解約金以外に料金を請求された

 

うるのんの乗り換えキャンペーンを利用して、他社からうるのんに乗り換えした人が、1年未満でうるのんを解約した場合、キャッシュバックで受け取った金額を全額返済する必要があります。

 

 

 

つまり、乗り換えキャンペーンを利用して、うるのんを契約した場合は、1年以上利用して解約をした場合、

 

「解約金+キャッシュバックで受け取った金額」

 

を支払って解約しなければいけなくなるので注意が必要です。

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

 

後悔するケースB:キャンペーンを適用できなかった

 

乗り換えキャンペーンの適用を受けるには、キャンペーンの適用条件が満たされていないと適用を受けられない場合があります。

 

 

 

なので、他者の乗り換えキャンペーンを利用してうるのんの解約を検討している場合には、乗り換え先のウォーターサーバー会社のキャンペーンの適用条件を確認しましょう。

 

 

 

 

乗り換えキャンペーンと他のキャンペーンとの併用ができないという条件も多いです。

 

 

キャンペーンを利用する場合には、どのキャンペーンを利用して契約するかということについてもしっかりと検討の必要がありますね!

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

 

後悔するケースC:乗り換えたウォーターサーバーも、うるのんと同じように不満に感じてしまう

 

うるのんの解約を考え始めたきっかけはどんなことがきっかけでしたか?

 

  • ボトル交換の不満
  • ボトルの注文や受け取り
  • ボトルの保管スペースの問題
  • 利用料金が思ったより高い

 

うるのんの利用で、このような不満がきっかけで他者のウォーターサーバーに乗り換えを検討している場合は注意が必要です。

 

 

それというのも、上記の不満は、ウォーターサーバーに水ボトルを利用していることが原因だからです。

 

 

 

水ボトルを利用しないウォーターサーバーであれば、

 

  • ボトル交換の不満
  • ボトルの注文や受け取り
  • ボトルの保管スペースの問題

 

については、完全に解決することができますよね。

 

 

 

なので、乗り換えを検討しているメーカーが、水ボトルを利用するウォーターサーバーの場合、うるのんの利用時と同じように、不満を持つ可能性が高いということは忘れてはいけません。

 

 

 

うるのんの利用に上記のような不満をお持ちの方は、水道直結式ウォーターサーバーなどのボトルなしのウォーターサーバーの利用を検討してみると良いでしょう!

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーなら、うるのんの解約金を支払ってでお得に利用できるほどコスパが良いので、うるのんの毎月の利用料金に不満を感じている方にもお勧めです!

 

 

 

 

↑この記事のポイントに戻る

 

 

まとめ

 

 

うるのんの解約は、

  1. うるのんアクアお客様センターへ連絡
  2.  

  3. 解約費までに水を使い切る
  4.  

  5. サーバーの回収3時間前までに水抜きをしておく
  6.  

 

このような流れで行われます。

 

 

 

特に、水の在庫を余らせないように注意しましょう。

 

 

 

サーバーがないのに、水ボトルだけが余っても、水ボトルの水を利用するには一苦労です。

 

 

 

また、うるのんの解約には

 

  1. クーリングオフを利用しなかった
  2.  

  3. 乗り換えキャンペーンを適用できなかった
  4.  

  5. 解約金以外に料金を請求された
  6.  

  7. 乗り換えたウォーターサーバーも、うるのんと同じように不満に感じてしまう
  8.  

 

という点にも注意が必要でした。

 

 

 

解約後に後悔しないためにも、しかりと確認しておきましょう。

 

 

 

特に、うるのん解約後に他社ウォーターサーバーに乗り換えを検討している場合は、乗り換え先がボトルタイプのウォーターサーバーの場合にうるのんと同じように不満を感じてしまう可能性があることは見逃せないポイントです。

 

 

 

うるのんの解約前には、しっかりと検討してから後悔のないようにしてください。

 


page top