うるのんの電気代を他社と比較!今すぐできる節電対策でお得に利用する方法

うるのんの電気代を機種別にご紹介!他社と比較して安いの?お得に利用できる節電方法とは?

 

うるのんの契約にあたって、お水代以外にも電気代がかかってしまうというと言うのは、主婦としては忘れてはいけないポイントですよね。

 

 

 

そこで今回は、うるのんの電気代について機種別に詳しく調べてみました。

 

 

 

うるのんの電気代について調べていると、他社のウォーターサーバーと比較してもかなり安い方ということも分かりました♪

 

 

 

また、記事後半では、お得なうるのんをさらに節電して利用することができる簡単節電術についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

 

うるのんの電気代

 

うるのんに限ったことではありませんが、ウォーターサーバーの電気代は、

 

  • お湯や冷水の利用状況
  • ウォーターサーバーを利用する季節

 

など、様々な環境が原因で大きく変動していきます。

 

 

 

そこで今回は、ウォーターサーバーボトルを1ヶ月に3本利用する場合を想定してどれぐらいの電気代が1ヶ月にかかるのかについて調べた結果を下記に記載しました。

 

Grande 約390円/月
スタイリッシュサーバー 約1500円/月
スタンダードサーバー 約1000円/月

 

 

 

他社ウォーターサーバーとの電気代の比較

 

 

うるのんGrandeが、他社のウォーターサーバーと比べて電気代が安いのかどうかについて調べてみました。

 

フレシャス デュオ 約330円
スラット 約380円
デュオミニ 約480円
サイフォンプラス 約750円
プレミアムウォーター スリムサーバーV
cado×PUREMIUM WATER ウォーターサーバー 通常時 約770円
エコモード使用時 約620円
amadana ウォーターサーバー 約980円
amadana スタンダードサーバー 約1100円

クリクラ
※1ヶ月でボトル4本使用して電気代を22円/kwとして計算した場合

標準サーバー 約1000円
クリクラ省エネサーバー 約535円
アクアクララ アクアスリム 約700円
アクスリムS 約1000円
アクアファイブ 約800円
アクアアドバンス 約350円
アクアウィズ 約475円

 

 

うるのんGrandeのウォターサーバーの電気代が他社と比較しても低料金な理由

 

 

うるのんGrandeは、エコモードを搭載しています。

 

 

 

 

エコモードとは、部屋の電気が暗くなるとサーバー内のお湯の保温温度を下げることで電気代を節約するシステムのことを言います。

 

 

【注意】うるのんGrandeを利用にはサーバーレンタル料金が必要

 

うるのんGrandeは、スタンダードサーバーのサーバーレンタル料金が無料なのに対して、月々300円のサーバーレンタル料金が発生してしまいます。

 

 

 

電気代が安いとは言え、サーバーレンタル料金が発生してしまうのは大きなマイナスポイントのように感じました。

 

 

 

サーバーレンタル料金を支払ってまで、うるのんGrandeを契約する必要があるのでしょうか?

 

 

 

料金面だけでの比較にはなりますが、うるのんGrandeとスタンダードサーバーの料金の比較を行ってみました。

 

うるのんのGrandeはレンタル料金を払って利用する価値はあるの?

 

うるのんGrandeは、スタンダードサーバーに比べて電気代が安いとは言え、月々のサーバーレンタル料金がかかるということは見逃せないポイントです。

 

 

 

そこで、ここでは、月々のサーバーレンタル料金を支払ってでも電気代の安いうるのんGrandeを利用するべきか主婦の目線で調査してみました。

 

 

富士の天然水さらり
内容量 12 L
賞味期限 6ヶ月
価格 1本 1898円(税込2050円)
1箱(2本・24リットル) 3796円(税込4100円)

 

うるのんスタンダードサーバー、うるのんGrande、どちらを利用したとしてもお水代は同じ料金になります。

 

 

比較のポイント

 

ということは比べるポイントは、うるのんGrandeの電気代とサーバーのレンタル料金を足した料金が、スタンダードサーバーを利用した場合の電気代に比べて安いかどうかです。

 

 

 

実際に比べてみると下記のような結果になりました。

 

 

うるのんスタンダードサーバーの電気代

約1000円

うるのんGrandeの電気代

サーバーレンタル料金

約570円+ 300円

=870円

差額 130円

 

 

 

サーバーレンタル料金をプラスして計算しても、うるのんGrandeの方がお得ですね!

 

うるのんの電気代を節約する裏技

 

  1. 温度変化の少ない場所にうるのんを設置する
  2. 壁から最低10センチは離した場所に設置する
  3. ウォーターサーバーの水やお湯の温度設定を変更する

 

うるのんの設置場所や、設置方法について工夫するだけで、さらに電気代を抑えることができます。

 

 

詳しく見ていきましょう!

 

 

うるのんの電気代節約法@:温度変化の少ない場所にうるのんを設置する

 

サーバーに熱がこもってしまって、水温が上がらないように冷却システムが過剰に動作することで電気代が増える可能性があります。

 

 

 

ウォーターサーバー本体の温度が上がらないようにするためにも、直射日光が直接当たる窓際などに設置しないことが重要です。

 

 

 

また、リビングに設置する際には、エアコンやストーブの空気が直接当たらないような場所に設置するようにしましょう。

 

 

うるのんの電気代節約法A:壁から最低10センチは離した場所に設置する

 

 

 

壁際に設置することで、サーバーにこもった熱をうまく放熱することができにくくなります。

 

 

 

熱を放出することができなくなると、サーバー内の温度が上昇して、水温が上がらないように冷却システムが過剰に作動することで電気代が上がる原因となってしまいます。

 

 

 

説明書にも記載があるとおり、うるのんを設置するときには、壁際から約10センチ以上は離して設置するようにしましょう。

 

 

うるのんの電気代節約法B:ウォーターサーバーの水やお湯の温度設定を変更する

 

 

例えば、冷水なら少し温度を高めに設定したり、温水を利用するなら温度を低めにするなどの設定の変更を行うことで、電気代を節約することができます。

 

 

 

お休み前や、お出かけ前などに設定変更しておくだけでも電気代が大幅に安くなりますし、簡単にできるのでおすすめの節電方法ですよ!

 

 

まとめ:うるのんの電気代は業界でも安い方

 

うるのんの電気代は、ウォーターターサーバー業界の中でも特に安い方といるのではないでしょうか。

 

 

 

 

さらに、今すぐ簡単にできる節約術でもっとお得に利用できます。

 

 

 

 

うるのんには、お得なキャンペーンも数多く実施中ですので、ぜひ公式サイトでチェックしておきましょう!

 

 

 

 

 

電気代は業界でもトップクラスの最安値!お得なキャンペーンも実施中なうるのんの詳細はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

番外編:うるのんの電気代を含めた、毎月の料金が気になっている方へ

 

うるのんは、使えば使うほど高額な料金の支払いが必要です。

 

 

なので、

 

  • 飲み水だけじゃなく、お料理など様々なシーンでうるのんの水を使用したい

 

 

と考えていて、しかも

 

  • 毎月の料金の支払いはなるべく安くすませたい。

 

と考えているなら、うるのんの利用はお勧めできません。

 

 

うるのんに特にこだわりがなくて、ウォーターサーバーの料金が夜雨鋳物を探していると言うのであれば、毎月定額の料金で利用できる、お水が使い放題のウォーターサーバーを検討してみるというのも一つの選択肢です。

 

 

 

 

うるのんを利用中の方が解約金を支払ってでも、定額でお水が使い放題のウォーターサーバーに乗り換えてもすぐに元が取れるほど、コスパ最強のウォーターサーバーがあります。

 

 

 

 

興味があれば、下記の定額制ウォーターサーバーの選び方のポイントも参考にしてみてください。

 

 

お水使い放題のウォーターサーバーを今すぐ見てみる⇒

 


page top